オフィス分煙に興味がある方必見!分煙対策に欠かせないブースに関する情報を紹介

2020年4月から施行された改正健康増進法により、多くの人が集まる場所では原則屋内禁煙になりました。
ただしカフェや居酒屋などの飲食店や、ホテル旅館などの宿泊施設、カラオケパチンコなどのアミューズメント施設では喫煙室を設置することで屋内での喫煙が可能になります。
多くの方が長い時間を過ごす事になるオフィスも、分煙することで喫煙が可能です。
今回はオフィス分煙に大変有効なブースについて紹介させていただきます。

オフィス分煙に興味がある方必見!分煙対策に欠かせないブースに関する情報を紹介

オフィス分煙のためには、なんらかの形で喫煙スペースを設置する必要があります。
設置方法は屋外に喫煙スペースを設けるか、屋内に喫煙が可能となる喫煙専用室を設置するかです。
外は冬は寒いですし夏も暑く、雨も降る可能性があるため、苦情が来る可能性があります。
屋内に設置するためには、たばこの煙の流出を防ぐために天井や壁で隔離したり、室外に煙を放出される換気設備が必要です。
それらの問題を解決してオフィス分煙を可能にする、個室型の喫煙ブースを紹介します。
これらは屋外に設置する事も可能で、現地組み立てタイプと完成品出荷タイプがあります。
オプションでパネルを変更できるものもあり、大規模な工事も必要ありません。

オフィス分煙は従業員の健康被害予防につながる

オフィスにはいろいろな人が出社してきますが、タバコを吸う人と吸わない人が存在する可能性が高いです。
大人になるとタバコを吸う人も増えてきますから、同僚に喫煙者が存在しても不思議な話ではありません。
タバコを吸うこと自体は年齢の条件をクリアしていれば問題ありませんが、オフィス分煙などをしないと喫煙者以外の健康被害につながるリスクがあります。
受動喫煙により喫煙者ではない人が体内に煙を吸い込んでしまうと、その煙によって健康被害になることがあるので注意が必要です。
オフィス分煙をすることで健康被害予防の効果もありますから、適切な対策をすることでオフィス内で健康被害が発生するリスクを減らすことができます。
オフィス分煙は受動喫煙対策として義務になっていますから、従業員の健康を守るためにも早めに対策をしないといけないです。
オフィス分煙が簡単にできるブースなどは最短1日程度で設置することもできますから、健康被害予防のためにも早期に導入するのが大切になります。

オフィス分煙をすると企業のイメージアップになる

喫煙による健康被害への影響は高く、肺へのダメージが蓄積して呼吸困難になるケースもあります。
疾患だけではなく腫瘍の発生や血管の病気なども起こすので、長年の喫煙習慣は危険だと言われているのです。
欧米では公の場所で喫煙をすることは以前より禁止されておりましたが、日本では法整備が進んでおりません。
近年やっと分煙意識が広まってゆき、公共の場所だけではなくオフィスでも導入されつつあります。
オフィス分煙にすることで企業の健康促進イメージアップになりますので、従業員のためのインフラを作っていると周囲から認められるのです。
オフィス分煙は部屋に換気扇を取り付けて排煙するのでは不十分になります。
必ずフィルターで空気を正常にしてから排煙しなければ、副流煙によって被害を受けてしまう人が出てしまうのです。
だから密閉した部屋には空気清浄機の設置を行い、換気扇や排煙装置で二重三重の対策をしなければなりません。
企業はコストをかけてオフィス分煙を促進してゆく必要があるのです。

ブースは室内に設置できるのでオフィス分煙におすすめ

昭和の時代にはオフィス内での喫煙が当たり前であり、会社員は仕事中でも煙草に火を付けて喫煙をしながらデスクワークをしておりました。
しかし現在ではありえない光景です。
また電車によっては室内でも喫煙が可能であり、灰皿が設置してありました。
オフィス分煙が進んだのは直近10年程度の期間になり、喫煙率の低下や分煙に対する意識が高まっております。
欧米では日本に先駆けて煙草の害に対する研究が進んでおり、とくに副流煙による受動喫煙の害に関して数々の実験で実証されました。
そのために公共の場所での喫煙に制限が出来て、オフィス分煙も加速度的に進んだのです。
分煙ブースは室内に設置出来る小型の箱型のケースであり、中には空気清浄機や換気扇が設置されております。
ケース内で喫煙すると副流煙が吸収されて、フィルターで空気を綺麗にして外部に排出するのです。
新しく部屋を増加させるよりも費用が安く済むので、ブース設置をする企業が増えております。

オフィス分煙を急いでいるならブースが最適

オフィス分煙をするときに、ブースを用意するのが最適だと考えられます。
分煙ブースを用意すると喫煙者だけが分煙のスペースに集まることになり、タバコを吸わない人には煙が届かないので、安心して仕事ができる環境になる筈です。
オフィス分煙をするときにブースを用意すると、狭い空間でも簡単に導入することができますから、そこまで大きな空間を用意できない企業でも安心できます。
受動喫煙対策をするためにも分煙はしないといけませんから、業者に相談をして分煙ブースを設置して貰うと、安全にタバコを吸える環境が用意できる筈です。
オフィス分煙を急いでいる場合でも、分煙ブースであれば最短で1日程度で設置をしてくれます。
コストもそこまでかからないので、多くのコストをオフィス分煙に割けないような企業にも最適だと考えられます。
助成金や補助金を活用できる可能性も高いですから、積極的に利用すると社員の健康を守れるだけでなく得をすることができる筈です。

オフィス分煙に関する情報サイト
オフィス分煙にはブースが最適!

2020年4月から施行された改正健康増進法により、多くの人が集まる場所では原則屋内禁煙になりました。ただしカフェや居酒屋などの飲食店や、ホテル旅館などの宿泊施設、カラオケパチンコなどのアミューズメント施設では喫煙室を設置することで屋内での喫煙が可能になります。多くの方が長い時間を過ごす事になるオフィスも、分煙することで喫煙が可能です。今回はオフィス分煙に大変有効なブースについて紹介させていただきます。

Search